スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●時代祭(平安神宮)…秋の都大路を彩る2000人の歴史絵巻!

秋の都大路で今年も無事に時代祭が執り行われました。

総勢2000人。

約2時間にも及ぶ、歴史絵巻です。



ごくごく一部ですが、フォトで振り返りたいと思います。

よろしくお付き合いください。



20151024時代祭1
(七卿落)



まず明治維新時代。

維新志士列より、七卿落です。

真木和泉、久坂玄端、三條實美と続いています。



三條實美ら急進派は倒幕を企てたものの、穏健派との政争に敗れ、真木和泉、久坂玄端らに守られて長州に落ちのびたということです。

ちなみに、三條實美は御所の隣にある梨木神社のご祭神です。



20151024時代祭2
(和宮)



江戸時代婦人列より、和宮。

平安神宮のご祭神、孝明天皇の妹君。

十四代将軍徳川家茂に降嫁されました。



「惜しまじな國と民のためならば身は武蔵野の露と消ゆとも」

この歌はあまりにも有名です。



20151024時代祭3
(織田信長)



安土桃山時代は織田公上洛列より、織田信長。

厳密な考証を経ての姿とのこと。

見事な兜は、三枚𩊱鍬形打兜(さんまいしころくわがたうちかぶと)というそうです。



20151024時代祭4
(風流踊り)



室町時代は、室町洛中風俗列より、風流踊りです。

この踊りが全国各地に伝わり、江戸時代以降盆踊りの原型になっているとのこと。



20151024時代祭5
(藤原為家の室と静御前)



こちらは中世婦人列。

前方が藤原為家の室、後方が静御前です。

中世女人の旅姿と白拍子姿は必見です。



20151024時代祭6
(流鏑馬)



鎌倉時代は城南流鏑馬列。

後方騎乗の綾藺傘(あやいがさ)姿が印象的。



20151024時代祭7
(常盤御前)



平安時代婦人列より、常盤御前。

懐には牛若。

今若・乙若を連れて、清盛の元へ向かう姿とのこと。



20151024時代祭8
(参朝列)



延暦寺代は文官参朝列。

最高位の浅紫の三位。

平安神宮到着後、全行程を代表して大極殿で祭文を奏上します。



20151024時代祭9
(神幸列)



さて、最後は祭事列より神幸列。

前方の鳳さんには孝明天皇、後方には桓武天皇の御神霊が鎮まる。

祇園祭においては山鉾巡行が神幸祭・還幸祭の露払い的な立場にあるのと同様に、時代祭では各時代の行列は神幸の露払いといってもいいのかもしれません。



いつごろになるか分かりませんが、各時代別の詳しいページをアップする予定です。

その際には、またお付き合いいただければと思います。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の行事・イベント●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●


トラックバック

コメント

No title
京都のタケシ様
本記事に少し前にコメント
投稿したつもりだったのですが
純野の記憶違いでしょうか?
  • 2015-10-31│20:45 |
  • 純野一益 URL
  • [edit]
Re: No title
おはようございます。
コメントいただいてましたか。
もしかしたら誤って削除したかもしれません。
最近変なコメントがくるもので…💦
もしそうでしたら、誠に申し訳ありません。


> 京都のタケシ様
> 本記事に少し前にコメント
> 投稿したつもりだったのですが
> 純野の記憶違いでしょうか?
  • 2015-11-01│08:57 |
  • 京都のタケシ URL│
  • [edit]
No title
いえいえ、結構大変なんですね。
また素敵な写真と記事には
コメントさせていただきます!
  • 2015-11-01│12:29 |
  • 純野一益 URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


スポンサードリンク

祇園祭・山鉾人気ランキング

先日の第1回祇園祭・山鉾人気ランキングの結果です!上位5位タイまで♪それぞれのページにリンクしていますので、よければご覧ください!

最新記事

スポンサードリンク2

プロフィール

京都のタケシ

Author:京都のタケシ
京都住みの寺社・御朱印ファン、京都の寺社を歩いて、御朱印とともにレポートします。御朱印のあれこれもアップしていきますのでよろしくお願いします。

スポンサードリンク3

カウンター

ランキング

ランキングに参加しています。できればクリックをお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村               
御朱印 ブログランキングへ

Amazon


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。