スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒谷さん、今年の紅葉はどうでしょうか!金戒光明寺(左京区)

無性に今年の紅葉の具合が気になって、今日の午前中に黒谷さんに行ってきました。

いい天気にも恵まれ、紅葉にも歓迎されて、楽しい散策になりました。



20151031金戒光明寺1
(山門)



色づき始めています。

この山門も明日(11/1)から特別公開されるとのこと。



20151031金戒光明寺2
(高麗門方向)



こちらも緑の中に紅葉が…。



20151031金戒光明寺3
(紅葉)



これは山門の西側。

紅葉が綺麗に。



20151031金戒光明寺4
(紅葉)



だいぶん染まってきています。



20151031金戒光明寺5
(阿弥陀堂)



こちらは阿弥陀堂の東側。

日当りのいいところは濃くなっています。



20151031金戒光明寺6
(文殊塔)



この付近にも色づいた葉が…。



20151031金戒光明寺7
(京都市街)



振り返ると京都の街並が見えます。

結構上りました。



20151031金戒光明寺8
(会津墓地)



文殊塔から会津墓地の方に進むと、一番綺麗に色づいた紅葉がありました。

これからまだまだ綺麗になると思います。



20151031金戒光明寺9
(特別公開)



御影堂・大方丈・庭園・山門の特別公開があります。

特別公開…11/1(日)~12/6(日)

夜間拝観ライトアップ…11/14(土)~12/29(日)



私も何とか都合をつけてと思っています。



●金戒光明寺について

■浄土宗 大本山

■本尊 阿弥陀如来

■創建 1175年(承安5年)

■開基 法然

■別称 黒谷、白河禅房

■ホームページ http://www.kurodani.jp/

■住所   〒606-8331 京都市左京区黒谷町121

■電話   075-771-2204

■拝観料  参拝自由

■拝観時間 9:00~16:00

■交通

・JR「京都駅」から市バス5系統「東天王町」より徒歩15分、
 または市バス100系統「岡崎道」より徒歩10分
・京都市営地下鉄「蹴上駅」より徒歩約30分
・京阪電車「三条駅」から市バス5系統「東天王町」より徒歩15分
・阪急京都線「四条河原町駅」または「阪急四条烏丸駅」から市バス5系統「東天王町」より徒歩15分、
 または32系統・203系統「岡崎道」より徒歩10分

・駐車場 境内のくろだに駐車場(30台分、普通車1時間400円)


■マップ





このブログの金戒光明寺のページです。

浄土宗最初の布教の地、最初門!金戒光明寺(左京区)



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の祭礼・行事●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●


スポンサーサイト

谷の御所には日光椿の麗しさがお似合い!霊艦寺門跡(左京区)

霊艦寺門跡、左京区の哲学の道から少し東に入ったところにあります。

谷の御所とも呼ばれる門跡寺院。

通常は公開されていません。



公開は、4月と11月。

椿の時期と紅葉の時期に公開されます。



こじんまりとひっそりと佇むこの寺院には、麗しい椿の数々が。

一見の価値があります。



椿を眺めるだけで、ほのぼのとした、心の和みを感じます。

格式が高いという門跡寺院ですが、この霊艦寺には堅苦しさはなく、古くからそばにある身近な寺院のような印象を受けます。



20151029霊艦寺6
(霊艦寺の庭園)



石灯籠を中心とした石組が、この回遊式庭園の中心です。

本堂との高低差、椿の花の配置など調和のとれた落ち着きを感じます。



      20151029霊艦寺1
      (御朱印)



  20151029霊艦寺3
  (御朱印説明)
  (注)御朱印に書かれている文字を説明しています。
     ㊞とあるのは印の文字の説明です。



実にのびやかな筆致の見事な御朱印です。

この寺院の誇る日光椿(じっこうつばき)のように、晴やかに麗しく。



●霊艦寺門跡について

■臨済宗南禅寺派

■本尊 阿弥陀如来

■創建 承応3年(1654年)

■開基 皇女・多利宮

■住所   〒606-8422 京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町12

■電話   075-771-4040

■拝観料  通常非公開(4月と11月に特別公開される、600円)

■拝観時間 9:00~16:30

■交通

・JR「京都駅」より市バス5系統、「真如堂前」下車、徒歩約5分
・JR「京都駅」より市バス100系統、「宮ノ前町」下車、徒歩約5分
・京阪電車「祇園四条駅」、 阪急電車「河原町駅」より市バス203系統、「真如堂前」下車すぐ徒歩約5分

・駐車場 なし

■マップ




20151029霊艦寺4
(石段)



哲学の道を、疎水を渡ってを少し東に入ると山門前の石段です。

ひっそりと佇む門跡寺院、そんな静かな環境です。



20151029霊艦寺5
(庭園入り口)



拝観受付を済ませて、ここから中に。



20151029霊艦寺6
(庭園)



庭園に入るとすぐに椿がお出迎え。

石灯籠を中心とした石組と苔とのハーモニーが素晴らしい。



20151029霊艦寺7
(本堂)



庭園から斜面を上ったところが本堂。

立体感のある造りです。



20151029霊艦寺8
(舞鶴)



見事なまでの美しさ。



20151029霊艦寺9
(衣笠)



気品のある麗しさです。



20151029霊艦寺10
(庭園)



苔の上の椿を愛でます。



20151029霊艦寺11
(庭園)



もう一度入り口の日光椿を鑑賞して、拝観は終了です。

椿を堪能させていただきました。

次回は真っ赤に染まった楓(かえで)を是非。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の祭礼・行事●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●


天下泰平の象徴、鳳凰が照らす阿弥陀堂!平等院(宇治市)

平等院、宇治にある単立の寺院です。

説明するまでもなく、10円玉の図柄として長く親しまれている鳳凰堂が本堂です。



本来、阿弥陀如来が本尊ですので、本堂である鳳凰堂は普通なら阿弥陀堂と呼ばれます。

ところが屋根に金色の鳳凰を掲げていることと、翼廊と尾廊、隅楼の形、配置が鳳凰が翼を広げている姿に似ていることから、鳳凰堂と呼ばれています。



藤原道長の別荘をその子頼道が寺院としました。

当時は宇治市の広い範囲を寺域として持ち、隆盛を誇ったということです。



残念ながら、足利尊氏と楠正成の戦いなどによって、主たる堂塔はすべて焼失し、鳳凰堂・観音堂・鐘楼を残すのみとなりました。

金堂・講堂・法華堂、等々、現存していれば一体どんな伽藍になっていたのでしょうか。



平等院というと鳳凰堂のイメージが強いですが、釣鐘も逸品です。

「銘の神護寺」「音の三井寺」と並び、「姿の平等院」と日本三名鐘に数えられています。



20151026平等院4
(鳳凰堂)



左右対称の鳳凰堂。

正面からとらえることが多いですが、非対称の姿も絶品です。



      20151026平等院1
      (御朱印)



  20151026平等院3
  (御朱印説明)
  (注)御朱印に書かれている文字を説明しています。
     ㊞とあるのは印の文字の説明です。



文字は、鳳凰堂。

鳳凰堂に安置されている阿弥陀如来坐像は穏やかな表情が印象的。

天下泰平の象徴である鳳凰も上の印に描かれています。



尚、この御朱印の他に本尊の「阿弥陀如来」の御朱印も塔頭の最勝院いただけます。



●平等院について

■山号 朝日山(単立寺院)

■本尊 阿弥陀如来

■創建 永承7年(1052年)

■開基 藤原頼通

■ホームページ http://www.byodoin.or.jp/ja/

■住所   〒611-0021 京都府宇治市宇治蓮華116

■電話   0774-21-2861

■拝観料  600円(鳳凰堂内部は別途300円)

■拝観時間 開門 午前8:30 閉門 午後5:30

 平等院ミュージアム鳳翔館 開館 午前9:00 閉館 午後5:00
 ※受付終了 午後4:45

 鳳凰堂内部 受付 午前9:10~午後4:10
 午前9:30より拝観開始、以後20分毎に1回50人づつ


■交通

・JR京都駅からJR奈良線で17分(みやこ路快速)「宇治駅」下車、徒歩10分
・京阪電鉄宇治線で「京阪宇治駅」下車、徒歩10分

・駐車場 最寄りの有料駐車場を利用(1日700円程度)

■マップ




20151026平等院6
(観音堂)…重要文化財



戦火を免れた貴重な堂塔の一つ。

緑の中に、静かに佇んでいます。



20151026平等院7
(浄土庭園)



極楽浄土を、との願いが込められた庭園。

のんびり散策したいもの。



20151026平等院9
(鳳凰堂)…国宝



鳳凰堂は東向きに造られています。

朝日を正面に受けるようにとのことですが、午後から拝観すると逆光になります。

従って、正面から左右対称の鳳凰堂を拝観するのは、午前中がオススメです。



20151026平等院10
(鐘楼)



ここにある釣鐘は複製品で、大晦日にはつくことができます。



20151026平等院11
(鳳凰)



これも複製品で、本物は鳳翔館に保管されています。



20151026平等院12
(翼廊)



修理されたばかりの翼廊です。



20151026平等院13
(鳳凰堂と浄土庭園)



見事なまでの鳳凰堂と浄土庭園のコラボです。

見ごたえがありました。



次回は風のない日の朝一番に、訪れたいと思います。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の祭礼・行事●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●


●時代祭(平安神宮)…秋の都大路を彩る2000人の歴史絵巻!

秋の都大路で今年も無事に時代祭が執り行われました。

総勢2000人。

約2時間にも及ぶ、歴史絵巻です。



ごくごく一部ですが、フォトで振り返りたいと思います。

よろしくお付き合いください。



20151024時代祭1
(七卿落)



まず明治維新時代。

維新志士列より、七卿落です。

真木和泉、久坂玄端、三條實美と続いています。



三條實美ら急進派は倒幕を企てたものの、穏健派との政争に敗れ、真木和泉、久坂玄端らに守られて長州に落ちのびたということです。

ちなみに、三條實美は御所の隣にある梨木神社のご祭神です。



20151024時代祭2
(和宮)



江戸時代婦人列より、和宮。

平安神宮のご祭神、孝明天皇の妹君。

十四代将軍徳川家茂に降嫁されました。



「惜しまじな國と民のためならば身は武蔵野の露と消ゆとも」

この歌はあまりにも有名です。



20151024時代祭3
(織田信長)



安土桃山時代は織田公上洛列より、織田信長。

厳密な考証を経ての姿とのこと。

見事な兜は、三枚𩊱鍬形打兜(さんまいしころくわがたうちかぶと)というそうです。



20151024時代祭4
(風流踊り)



室町時代は、室町洛中風俗列より、風流踊りです。

この踊りが全国各地に伝わり、江戸時代以降盆踊りの原型になっているとのこと。



20151024時代祭5
(藤原為家の室と静御前)



こちらは中世婦人列。

前方が藤原為家の室、後方が静御前です。

中世女人の旅姿と白拍子姿は必見です。



20151024時代祭6
(流鏑馬)



鎌倉時代は城南流鏑馬列。

後方騎乗の綾藺傘(あやいがさ)姿が印象的。



20151024時代祭7
(常盤御前)



平安時代婦人列より、常盤御前。

懐には牛若。

今若・乙若を連れて、清盛の元へ向かう姿とのこと。



20151024時代祭8
(参朝列)



延暦寺代は文官参朝列。

最高位の浅紫の三位。

平安神宮到着後、全行程を代表して大極殿で祭文を奏上します。



20151024時代祭9
(神幸列)



さて、最後は祭事列より神幸列。

前方の鳳さんには孝明天皇、後方には桓武天皇の御神霊が鎮まる。

祇園祭においては山鉾巡行が神幸祭・還幸祭の露払い的な立場にあるのと同様に、時代祭では各時代の行列は神幸の露払いといってもいいのかもしれません。



いつごろになるか分かりませんが、各時代別の詳しいページをアップする予定です。

その際には、またお付き合いいただければと思います。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の行事・イベント●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●


苔庭と虹の陰、祇王と仏御前の想いを癒す!祇王寺(右京区)

祇王寺、嵯峨鳥居本の小さな寺院です。

平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王ですが、清盛の心が若い仏御前に移ります。

その悲しみから出家し、仏御前も一緒にこの寺で暮らすようになったとのこと。



今は、竹林の中の静寂の地で、苔庭と草庵の吉野窓に映る虹の陰に包まれています。



この祇王寺、明治に入り一旦廃寺となりますが、時の京都府知事北垣国道が草庵を寄付し、現在は大覚寺の塔頭寺院となっています。

ちなみに北垣国道は、東京遷都によって廃れた京都を琵琶湖疎水の建設によってよみがえらせた人物としても知られています。



20151019祇王寺4
(草庵と苔庭)



苔庭には静寂と差し込む日の光が似合います。

この日の光、草庵の吉野窓に虹の陰を映します。



      20151019祇王寺1
      (御朱印)



  20151019祇王寺3
  (御朱印説明)
  (注)御朱印に書かれている文字を説明しています。
     ㊞とあるのは印の文字の説明です。



御朱印の文字は、大日如来。

祇王に思いを巡らせながら見入ります。



●祇王寺について

■真言宗大覚寺派

■本尊 大日如来

■正式名 高松山往生院・祇王寺

■ホームページ http://www.giouji.or.jp/

■住所 〒616-8435 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32

■電話   075-861-3574

■拝観料  300円

■拝観時間 9:00~16:30

■交通

・JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅より徒歩20分
・京福電鉄 嵐山駅より徒歩20分
・四条河原町から市バス11系統、嵯峨小学校前下車、徒歩17分
・四条大宮(阪急大宮駅)から市バス91系統、嵯峨釈迦堂前下車、徒歩15分
・阪急嵐山駅から市バス28番、嵯峨釈迦堂前下車、徒歩15分

・駐車場 なし

■マップ



20151019祇王寺5
(苔庭)



見事の一言。

何も考えず、眺めているだけで癒されます。



20151019祇王寺6
(苔庭)



日の射し方で、色合いや印象が変ります。



20151019祇王寺7
(門)



趣のある門が出迎えてくれました。



20151019祇王寺8
(通路)



苔庭は広くはありません。

ゆっくり歩いても、すぐに一周。



20151019祇王寺9
(苔庭)



この彩を見ると、2周でも3周でもしたくなります。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の行事・イベント●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●


荘厳な建築、完成された装飾で国宝へ!石清水八幡宮(八幡市)

石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)、八幡市の男山にある「やわたのはちまんさん」です。

今回、八幡造といわれる本殿・幣殿・舞殿・廻廊・楼門などが国宝指定されることになりました。



荘厳な古代の建築様式に、近代の完成された完成された装飾が評価されたものということです。

寛永11(1634)年に造替された建築物で、八幡市では初めての国宝指定だそうです。



重厚で絢爛、そんな印象を持つ社殿。

名実ともに国の宝となります。



20151018石清水八幡宮4
(楼門と廻廊)



重厚、絢爛とはまさしくこのこと。

国宝指定の答申が出されています。



      20151018石清水八幡宮1
      (御朱印)



  20151018石清水八幡宮3

  (注)御朱印に書かれている文字を説明しています。
     ㊞とあるのは印の文字の説明です。



右の文字は通常は、「洛南男山」と記載されます。

この御朱印は石清水祭の日にいただいたので、「勅祭石清水祭」となっています。



●石清水八幡宮について


■主祭神 八幡大神

■創建 貞観2年(860年)

■ホームページ http://www.iwashimizu.or.jp/

■住所   〒614-8005 京都府八幡市八幡高坊30

■電話   075-981-3001

■拝観料  参拝自由

■拝観時間(開門時間)
 
1月1日~1月19日 不定期(1月1日は午前0時から)
1月20日~3月31日 6時30分~18時
4月1日~9月30日 5時30分~18時30分
10月1日~10月31日 6時~18時
11月1日~12月30日 6時30分~18時
12月31日 6時30分~23時

■交通

・京阪電車「八幡市駅」~男山ケーブル「男山山上駅」 下車徒歩5分

・駐車場 500円(午前8時30分~16時)

■マップ




20151018石清水八幡宮5
(ケーブルカー)



八幡市駅からケーブルカーで山上へ。



20151018石清水八幡宮6
(南総門)



まずはこちらから。

かなり古い建築物です。



20151018石清水八幡宮7
(楼門)



今回国宝指定となった楼門。

廻廊と一体になっています。



20151018石清水八幡宮8
(南総門)



楼門・本殿との微妙な角度の違いがあります。



20151018石清水八幡宮9
(廻廊)



まぶしいばかりの朱色。



20151018石清水八幡宮10
(楼門と廻廊)



この見事な朱色は初夏の緑の中で、もう一度見てみたい。



20151018石清水八幡宮11
(東門)…国宝・重要文化財



祈祷を受ける方はここから昇殿するようです。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の行事・イベント●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●


菅公ゆかりの宮には伝教大師も救った天女が!吉祥院天満宮(南区)

吉祥院天満宮、菅公ゆかりの神社です。

また、ここには吉祥天女を祀る吉祥天女社もあります。



菅原道真の祖父が伝教大師最澄らとともに遣唐使として唐に渡る際、暴風により遭難しかけた時、吉祥天女に平安を祈ったところ、たちまち暴風が収まったといいます。

帰朝後、吉祥天女の像を刻み、開眼供養を行ったのが吉祥院(吉祥天女社)の始まりとのこと。



菅公ゆかりの宮らしく、朝廷に参勤する際に、姿を映したという鑑の井(かがみのい)やへその緒を埋めたという胞衣塚(えなづか)などが境内にあります。

もちろん、本殿の祭神は菅原道真です。



20151016吉祥院天満宮4
(吉祥天女社)



こちらが吉祥天女社。

本殿から少し離れたところにあります。



      20151016吉祥院天満宮1
      (御朱印)




20151016吉祥院天満宮3
(注)御朱印に書かれている文字を説明しています。
   ㊞とあるのは印の文字の説明です。



文字は吉祥天女。

この吉祥天女社は、国家鎮護の祈願所であり、菅家守護の本尊とされたそうです。

一番上の梵字、シリーが印象的です。



●吉祥院天満宮について


■主祭神 菅原道真公

■住所   〒601-8331 京都府京都市南区吉祥院政所町7

■電話   075-691-5303

■拝観料  参拝自由

■拝観時間 定めなし

■交通

・JR西大路駅下車、徒歩約15分
・JR西大路駅より市バス43系統、吉祥院天満宮前下車、徒歩約3分
・JR西京都駅より市バス42系統、吉祥院天満宮前下車、徒歩約3分

・駐車場 広場に駐車可能

■マップ




20151016吉祥院天満宮5
(鳥居)



入り口の鳥居です。



20151016吉祥院天満宮6
(鑑の井)




鳥居の前に鏡の井。

ここで菅公は身だしなみを整えたのでしょうか。



20151016吉祥院天満宮8
(本殿)



受験を控えた学生がお参りに。



20151016吉祥院天満宮9
(本殿前)



やはり天満宮には牛が似合います。



20151016吉祥院天満宮10
(胞衣塚)



菅公のへその緒が埋められているとのこと。



この吉祥院天満宮で、もう一つ重要なのが吉祥院六斎念仏です。

国の重要無形民俗文化財に指定されていて、毎年8月25日の夏祭りなどで奉納されます。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の行事・イベント●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●


金閣・銀閣を境外塔頭とする相国寺には松葉が薫る!相国寺(上京区)

松葉の薫る伽藍、相国寺(しょうこくじ)です。

青の濃い空に、清々しい松葉、そして圧倒の法堂。

凛とした禅寺の風格を感じます。



このお寺、実は金閣寺・銀閣寺を境外塔頭としてあります。

あまり知られていないかもしれません。



足利義満による創建で、臨済宗の大本山です。

三門や仏殿などの堂塔を応仁の乱で失っていますが、法堂は日本最古のものとして現存しています。



広い境内を松と空、そして残った伽藍を眺めながら歩くのもいいものです。



20151015相国寺4
(法堂)…重要文化財



豊臣秀頼の再興で、日本最古の法堂とのこと。



      20151015相国寺1
      (御朱印)



  20151015相国寺3
  (御朱印説明)
  (注)御朱印に書かれている文字を説明しています。
     ㊞とあるのは印の文字の説明です。



中央の無畏堂とは法堂のこと。

外観ももちろんそうですが、運慶作という釈迦如来像や天井の蟠龍図も見事の一言。

見ごたえがあります。



●相国寺について



■臨済宗相国寺派 大本山

■山号 萬年山(まんねんざん)

■本尊 釈迦如来

■創建 永徳2年(1382年)

■開基 足利義満

■開山 夢窓疎石

■正式名 萬年山 相国承天禅寺

■ホームページ http://www.shokoku-ji.jp/

■住所   〒602-0898 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入上る相国寺門前町701

■電話   075-231-0301

■拝観料  境内参拝自由、法堂などの拝観は800円(特別公開時のみ)

■拝観時間 10:00~16:00(特別公開時)

■交通

・地下鉄今出川駅下車、徒歩約5分
・京阪電車「出町柳駅前」より市バス102系統・201系統・203系統
 阪急電車「河原町駅」より市バス201系統

 いずれも同志社前下車 徒歩約5分

・駐車場 なし


■マップ



20151015相国寺5
(総門)



御所の今出川門から同志社大学の横を上がると、この総門です。



20151015相国寺6
(鐘楼)



右前方に鐘楼。

青空に映えます。



20151015相国寺7
(宝塔)



法堂の西にはこの宝塔。

空に映えるのは堂塔だけではなく、松もです。



20151015相国寺8
(方丈)



禅寺の清々しさが感じられます。



20151015相国寺9
(6)…国宝・重要文化財



庭園は見事。

大変美しい。



20151015相国寺10
(開山堂)



夢窓疎石の像が安置されています。



20151015相国寺11
(浴室)



はやり禅宗。

入浴も修行です。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の行事・イベント●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●


上高野の古刹には紅葉と「めでたい光」がある!蓮華寺(左京区)

北白川を北に上がり、花園橋を八瀬に向かうとしばらくして左側にひっそり佇んでいるのが、この蓮華寺。

この前の道路は国道367号線、鯖街道です。



何回も前を通っていますが、この古刹にしばらくの間、気がつきませんでした。

その存在を知ってからは、逆にとずれる機会がなく…。

ようやくお参りできたのは、今年の9月でした。



昔、このあたり、上高野という地の人々の素朴で優しい振る舞いに感じ入ったことがあります。

この蓮華寺を訪ねてみて、また同じ思いを味わいました。

このお寺、前の国道を行き交う車の音もかき消してしまうような、光を有しているのかもしれません。



20151014蓮華寺4
(蓮華寺)



石川丈山作庭といわれる庭が本堂とともに創建当時のままで。



      20151014蓮華寺1
      (御朱印)



  20151014蓮華寺3
  (御朱印説明)
  (注)御朱印に書かれている文字を説明しています。
     ㊞とあるのは印の文字の説明です。



瑞光とは「めでたい光」とのこと。

のびやかな筆致のこの御朱印、私のお気に入りです。

静かに佇むこの古刹に、めでたい光をいただいたような、ほのぼのとした気持ちになりました。



●蓮華寺について



■宗派 天台宗

■山号 帰命山

■本尊 釈迦如来

■創建 寛文2年(1662年)再興

■開基 今枝近義

■別称 洛北蓮華寺  

■住所   〒606-0065 京都府京都市 左京区上高野八幡町1

■電話   075-781-3494

■拝観料  大人400円 大学生400円 高校生400円

■拝観時間 9:00~17:00

■交通

・叡山電車 三宅八幡下車 徒歩約10分 
・JR京都駅より17系統または18系統京都バス 上橋(かんばし)下車 徒歩約1分
・京都市営地下鉄烏丸線「国際会館駅」より京都バス19系統 上橋(かんばし)下車 徒歩約1分

・駐車場 専用駐車場あり(無料、数台分)



■マップ





20151014蓮華寺5
(山門)



非常に古そうな山門です。

境内に入る前から趣が感じられます。



20151014蓮華寺6
(境内)



山門から一歩足を踏み入れると、紅葉に石畳。

紅葉の頃はさぞかし。



20151014蓮華寺7
(庭園・南側)



庭園にはやはり苔が…。



20151014蓮華寺8
(庭園)



石川丈山の作庭とのことですが…。

否定的な見方も。

そんなことにはお構いなく、ひっそり迎えてくれる池泉回遊式の庭園を愉しみます。



20151014蓮華寺9
(地蔵)



じっかくり、ぼんやり…。

癒された後はお地蔵さん。



20151014蓮華寺10
(井戸屋形)



緑の庭園に朱色の屋形が似合います。

この井戸屋形は庭園や本堂などとともに、創建当時のままだそうです。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の行事・イベント●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●


男一人でも癒される庭園と往生極楽院!三千院(左京区)

「京都大原三千院、恋に疲れた女が一人~」

デュークエイセスのヒット曲「女ひとり」(永六輔作詞、いずみたく作曲)でも歌われた三千院です。



男の私が行っても、疲れを癒してくれます。

特に、この往生極楽院。



20151013三千院4
(往生極楽院)…重要文化財



弥陀三尊に優しく包まれるように…。



三千院は紅葉のきれいなことでもよく知られていますが、私は青紅葉の季節も好きです。

より生命感に溢れていて、静かな中にも活力を与えてくれる、そんなイメージがあります。



この三千院、冬も格別です。

雪の降り積もった朝などに行くと、今度は真っ白な静寂に包まれます。



京都市内からは少し遠いですが、十分時間をかけてご拝観下さい。



ちなみに先ほどの「女ひとり」

二番は「京都栂尾高山寺~」、三番は「京都嵐山大覚寺~」となっています。



      20151013三千院1
      (御朱印)



  20151013三千院3
  (御朱印説明)
  (注)御朱印に書かれている文字を説明しています。
     ㊞とあるのは印の文字の説明です。



弥陀三尊は往生極楽院の本尊で、三千院の本尊は薬師如来です。

薬師如来の御朱印もいただけますし、金色不動尊・弁財天・聖観音、の御朱印もいただけます。



●三千院について



■天台宗

■本尊 薬師如来

■創建 延暦年間(782年 - 806年)

■開基 最澄

■別称 三千院門跡、梶井門跡

■ホームページ http://www.sanzenin.or.jp/

■住所   〒601-1242 京都府京都市 左京区大原来迎院町540

■電話   075-744-2531

■拝観料  

 一般 700円(団体30名以上600円)
 中学生・高校生 400円(団体30名以上300円)
 小学生 150円

■拝観時間

 3月~10月 9:00~17:00 (閉門17:30)
 11月   8:30~17:00 (閉門17:30)
 12月~2月 9:00~16:00 (閉門16:30)

■交通

・JR京都駅、京都バスC3乗り場から17系統大原行にて約1時間
 大原バス停下車、徒歩約10分

 地下鉄国際会館駅前3番乗り場から京都バス「大原、小出石」行きにて23分
 大原バス停下車、徒歩約10分

・駐車場 近隣に有料駐車場あり



■マップ





20151013三千院5
(青紅葉)



輝くような緑です。



20151013三千院6
(御殿門)



仰ぎ見るような急な階段に、御殿門。

三千院の一つのイメージかも…。



20151013三千院7聚碧園
(聚碧園)



見事としか言いようのない庭園です。

ここに雪が降り積もった時のことを想像すると、また違う味わいも…。



20151013三千院8
(宸殿)



門跡寺院ならではです。



20151013三千院9
(石仏)



鎌倉時代のもので、阿弥陀如来だそうです。

安らぎが浸み込んできそう…。



20151013三千院10
(朱雀門)



往生極楽院の門だそうです。

この時期は朱色が新鮮に感じました。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の行事・イベント●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●



スポンサードリンク

祇園祭・山鉾人気ランキング

先日の第1回祇園祭・山鉾人気ランキングの結果です!上位5位タイまで♪それぞれのページにリンクしていますので、よければご覧ください!

最新記事

スポンサードリンク2

プロフィール

京都のタケシ

Author:京都のタケシ
京都住みの寺社・御朱印ファン、京都の寺社を歩いて、御朱印とともにレポートします。御朱印のあれこれもアップしていきますのでよろしくお願いします。

スポンサードリンク3

カウンター

ランキング

ランキングに参加しています。できればクリックをお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村               
御朱印 ブログランキングへ

Amazon


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。