スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大内山に御室の桜と絢爛の伽藍!仁和寺(右京区)

御朱印をいただきながら京都の寺社を巡り歩いています。

これから巡り歩いた寺社の御朱印を鑑賞し、寺社のフォトと情報を添えてアップしたいと思います。

何卒よろしくお願いします。



まずは仁和寺から。

お気に入りの寺院です。



広大な境内がまず気に入っています。

ゆったりとした雰囲気を醸し出す境内には、絢爛で御室御所といわれるだけの堂塔が点在しています。



001仁和寺8
(仁和寺・金堂)



この金堂は国宝です。

寛永年間(1600年代)に京都御所の紫宸殿を移築したものとのことで、近くで見るときらびやかな面影を感じ取ることができます。



    001仁和寺1



001仁和寺3説明
(注)御朱印に書かれている文字を説明しています。
   ㊞とあるのは印の文字の説明です。




御朱印は金堂の前でいただくことができます。

これは本尊、阿弥陀如来の御朱印で、真ん中の印は梵字のキリーク(阿弥陀如来)です。

味わいのある、しかしすっきりとしたお気に入りの御朱印です。



●仁和寺について

■真言宗御室派 総本山

■本尊 阿弥陀如来

■創建 仁和4年(888年)

■開基 宇多天皇

■正式名 大内山 仁和寺

■別称 旧御室御所

■ホームページ http://ninnaji.jp/

■住所   〒616−8092 京都府京都市右京区御室大内33

■電話   075-461-1155

■拝観料  参拝自由

■拝観時間 3~11月 9:00~17:00  12~2月 9:00~16:30

■交通

・京阪電車「三条京阪駅」より市バス10系統・59系統
 阪急電車「大宮駅」より市バス26系統
 阪急電車「西院駅」より市バス26系統

 いずれも「御室仁和寺前」下車すぐ

・駐車場 専用駐車場あり(120台分、1日500円)

■マップ



001仁和寺4
(仁王門)…重要文化財



正面に荘厳にそびえるのが仁王門です。

左右に金剛力士像が安置されています。



001仁和寺5
(中門)



仁王門を入ると、中門が見えます。

広々としていて、中門までには少し距離があります。

歴史を感じさせる門でした。



001仁和寺6
(五重塔)



中門を入って右手を見ると五重塔がありました。

見事な塔で、1640年代の建立とのこと。



001仁和寺7
(五重塔)



やはり重要文化財です。

空の青によく合います。



001仁和寺10
(金堂)



凛とした、かつ、清楚な感じを受けました。



001仁和寺9
(金堂)



しかし、近づいてみると何ときらびやかな!

元は御所の紫宸殿です。



001仁和寺11
(経蔵)



金堂の右手には経蔵があります。

これも重要文化財。

緑色が特徴的です。



001仁和寺12
(仁王門)



振り返ると仁王門。

広々と、ゆったりと…。

お気に入りの仁和寺でした。



●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●


スポンサーサイト

スポンサードリンク

祇園祭・山鉾人気ランキング

先日の第1回祇園祭・山鉾人気ランキングの結果です!上位5位タイまで♪それぞれのページにリンクしていますので、よければご覧ください!

最新記事

スポンサードリンク2

プロフィール

京都のタケシ

Author:京都のタケシ
京都住みの寺社・御朱印ファン、京都の寺社を歩いて、御朱印とともにレポートします。御朱印のあれこれもアップしていきますのでよろしくお願いします。

スポンサードリンク3

カウンター

ランキング

ランキングに参加しています。できればクリックをお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村               
御朱印 ブログランキングへ

Amazon


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。