スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園祭の山鉾の原型が京粟田口を練り歩く!粟田神社(東山区)

京の東の出入り口である粟田口の粟田神社です。

10月の体育の日を中心に行われる粟田祭がよく知られています。



粟田祭では、神輿と剣鉾が粟田口を練り歩きます。

この剣鉾が祇園祭の山鉾の原型になっているそうです。

この粟田祭、1000年の歴史を持ち、室町時代には斎行できなかった祇園祭の代わりとなったともいわれています。



境内は山の斜面にあり、京都の町を一望することができます。

特に、五山の送り火では、船形・左大文字がよく見え、人気のスポットになっています。



20151210粟田神社4
(粟田神社)



本殿です。

静かな山の中腹にあり、大変景色のいいところです。



      20151210粟田神社1
      (御朱印)



  20151210粟田神社3
  (注)御朱印に書かれている文字を説明しています。
     ㊞とあるのは印の文字の説明です。



「京 粟田口」、この神社と粟田口という土地には深いつながりがあるようです。

京都の東口、都を出る旅人の安全を祈願する社でもあったとのこと。

力強い筆致で記されています。



●粟田神社について


■主祭神 
       素戔嗚尊(スサノオノミコト)
       大己貴命(オオナムチノミコト)

■創建 貞観18年(876年)

■ホームページ http://www.awatajinja.jp/

■住所   〒605-0051 京都府京都市 東山区粟田口鍛冶町1

■電話   075-551-3154

■拝観料  参拝自由

■拝観時間 6:00~17:00

■交通

・京都市営地下鉄 東西線「東山駅」下車、東へ徒歩7分
・京都市営地下鉄 東西線「蹴上駅」下車 西へ徒歩7分
・JR「京都駅」、阪急「河原町駅」より市バス5系統、「神宮道」下車、徒歩5分

・駐車場 5台分ほどあり(無料、祭礼時は不可)

■マップ




20151210粟田神社5
(鳥居)



三条通から一本南の通にある鳥居です。

「感神院新宮」とは、明治時代までの名称とのこと。

御朱印の右上の印にもこの名称が。



20151210粟田神社6
(石段)



緩やかですが、長い石段。

夏は一汗。



20151210粟田神社7
(拝殿)



風格のある拝殿は、京都市の重要文化財とのこと。



20151210粟田神社8
(本殿)



こちらも京都市の重要文化財。

粟田祭の際はここで神事が。



20151210粟田神社9
(鍛冶神社)



参道横の摂社。

こちらの御朱印もいただけます。



20151210粟田神社10
(粟田祭)



立派な神輿。

長時間にわたって練り歩きます。

一見の価値ありです。



20151210粟田神社11
(剣鉾)



祇園祭の山鉾の原型という…。

大変珍しい祭です。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の紅葉●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の祭礼・行事●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都の今日・明日・明後日●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●



スポンサーサイト

荘厳な建築、完成された装飾で国宝へ!石清水八幡宮(八幡市)

石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)、八幡市の男山にある「やわたのはちまんさん」です。

今回、八幡造といわれる本殿・幣殿・舞殿・廻廊・楼門などが国宝指定されることになりました。



荘厳な古代の建築様式に、近代の完成された完成された装飾が評価されたものということです。

寛永11(1634)年に造替された建築物で、八幡市では初めての国宝指定だそうです。



重厚で絢爛、そんな印象を持つ社殿。

名実ともに国の宝となります。



20151018石清水八幡宮4
(楼門と廻廊)



重厚、絢爛とはまさしくこのこと。

国宝指定の答申が出されています。



      20151018石清水八幡宮1
      (御朱印)



  20151018石清水八幡宮3

  (注)御朱印に書かれている文字を説明しています。
     ㊞とあるのは印の文字の説明です。



右の文字は通常は、「洛南男山」と記載されます。

この御朱印は石清水祭の日にいただいたので、「勅祭石清水祭」となっています。



●石清水八幡宮について


■主祭神 八幡大神

■創建 貞観2年(860年)

■ホームページ http://www.iwashimizu.or.jp/

■住所   〒614-8005 京都府八幡市八幡高坊30

■電話   075-981-3001

■拝観料  参拝自由

■拝観時間(開門時間)
 
1月1日~1月19日 不定期(1月1日は午前0時から)
1月20日~3月31日 6時30分~18時
4月1日~9月30日 5時30分~18時30分
10月1日~10月31日 6時~18時
11月1日~12月30日 6時30分~18時
12月31日 6時30分~23時

■交通

・京阪電車「八幡市駅」~男山ケーブル「男山山上駅」 下車徒歩5分

・駐車場 500円(午前8時30分~16時)

■マップ




20151018石清水八幡宮5
(ケーブルカー)



八幡市駅からケーブルカーで山上へ。



20151018石清水八幡宮6
(南総門)



まずはこちらから。

かなり古い建築物です。



20151018石清水八幡宮7
(楼門)



今回国宝指定となった楼門。

廻廊と一体になっています。



20151018石清水八幡宮8
(南総門)



楼門・本殿との微妙な角度の違いがあります。



20151018石清水八幡宮9
(廻廊)



まぶしいばかりの朱色。



20151018石清水八幡宮10
(楼門と廻廊)



この見事な朱色は初夏の緑の中で、もう一度見てみたい。



20151018石清水八幡宮11
(東門)…国宝・重要文化財



祈祷を受ける方はここから昇殿するようです。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の行事・イベント●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●


菅公ゆかりの宮には伝教大師も救った天女が!吉祥院天満宮(南区)

吉祥院天満宮、菅公ゆかりの神社です。

また、ここには吉祥天女を祀る吉祥天女社もあります。



菅原道真の祖父が伝教大師最澄らとともに遣唐使として唐に渡る際、暴風により遭難しかけた時、吉祥天女に平安を祈ったところ、たちまち暴風が収まったといいます。

帰朝後、吉祥天女の像を刻み、開眼供養を行ったのが吉祥院(吉祥天女社)の始まりとのこと。



菅公ゆかりの宮らしく、朝廷に参勤する際に、姿を映したという鑑の井(かがみのい)やへその緒を埋めたという胞衣塚(えなづか)などが境内にあります。

もちろん、本殿の祭神は菅原道真です。



20151016吉祥院天満宮4
(吉祥天女社)



こちらが吉祥天女社。

本殿から少し離れたところにあります。



      20151016吉祥院天満宮1
      (御朱印)




20151016吉祥院天満宮3
(注)御朱印に書かれている文字を説明しています。
   ㊞とあるのは印の文字の説明です。



文字は吉祥天女。

この吉祥天女社は、国家鎮護の祈願所であり、菅家守護の本尊とされたそうです。

一番上の梵字、シリーが印象的です。



●吉祥院天満宮について


■主祭神 菅原道真公

■住所   〒601-8331 京都府京都市南区吉祥院政所町7

■電話   075-691-5303

■拝観料  参拝自由

■拝観時間 定めなし

■交通

・JR西大路駅下車、徒歩約15分
・JR西大路駅より市バス43系統、吉祥院天満宮前下車、徒歩約3分
・JR西京都駅より市バス42系統、吉祥院天満宮前下車、徒歩約3分

・駐車場 広場に駐車可能

■マップ




20151016吉祥院天満宮5
(鳥居)



入り口の鳥居です。



20151016吉祥院天満宮6
(鑑の井)




鳥居の前に鏡の井。

ここで菅公は身だしなみを整えたのでしょうか。



20151016吉祥院天満宮8
(本殿)



受験を控えた学生がお参りに。



20151016吉祥院天満宮9
(本殿前)



やはり天満宮には牛が似合います。



20151016吉祥院天満宮10
(胞衣塚)



菅公のへその緒が埋められているとのこと。



この吉祥院天満宮で、もう一つ重要なのが吉祥院六斎念仏です。

国の重要無形民俗文化財に指定されていて、毎年8月25日の夏祭りなどで奉納されます。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の行事・イベント●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●


酒造りの神に、子授け・安産の神!梅宮大社(右京区)

右京区に鎮座する梅宮大社です。

酒造の神様であって、子授け・安産の信仰も集めています。



社殿の多くが元禄13年(1700年)に再建されたものだとのこと。

それでも300年以上も経過している古い社殿です。



20151008梅宮大社4
(梅宮大社)



印象に残るのは周囲の緑。

青空に緑がまぶしく、社殿が更に映えています。



      150913梅宮大社1
      (御朱印)



  150913梅宮大社3
  (注)御朱印に書かれている文字を説明しています。
     ㊞とあるのは印の文字の説明です。



●梅宮大社について



■主祭神 酒解神・酒解子神・大若子神・小若子神

■式内社(名神大4社)、二十二社(下八社)、旧官幣中社

■創建 (伝)平安時代前期

■ホームページ http://www.umenomiya.or.jp/

■住所   〒615-0921 京都市右京区梅津フケノ川町30

■電話   075-861-2730

■拝観料  参拝自由(神苑の拝観は500円)

■拝観時間 9:00~17:00

■交通

・JR「京都駅」より市バス28系統、「梅宮大社前」下車すぐ
・阪急電車「河原町駅」より市バス11系統、「梅宮大社前」下車すぐ
・阪急電車「松尾大社駅」より、徒歩12分
・京阪電車「祇園四条駅」より市バス11系統、「梅宮大社前」下車すぐ

・駐車場 無料(10台分)

■マップ




20151008梅宮大社5
(鳥居)



後方は随身門。

元禄13年(1700年)の再建とのこと。



20151008梅宮大社6
(随身門)…国宝・重要文化財



酒造りの神様だけあって、随身門もに酒樽があります。



20151008梅宮大社7
(酒樽)



手水舎の横にもたくさんの酒樽が…。

そういえばこの近くの松尾大社も酒造りの神様で、多くの酒樽がありました。



20151008梅宮大社8
(拝殿)



主な社殿は、元禄13年(1700年)の再建によるものですが、この拝殿は文政5年(1822年)の再造営時の建築だそうです。




20151008梅宮大社9
(本殿)



お参りしたのは9月13日。

汗ばむような陽気でした。

しかし、参拝すると気分は清々しい気持ちになります。



20151008梅宮大社10
(神苑)



梅宮大社の庭園です。

梅が綺麗とのこと。

梅の時期に拝観に来たいと思います。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の行事・イベント●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●


安倍晴明には五芒星と桔梗がよく似合う!晴明神社(上京区)

陰陽師、安倍清明を祀る晴明神社です。

晴明の没後、一条天皇によって寛弘4年(1007年)に創建されました。

社殿は、清明の屋敷跡といわれています。



神紋は五芒星。

陰陽道では魔除けとされています。



晴明は一條戻橋に式神という不気味な精霊をかくまい、自由に操ったといいます。

この一條戻橋、境内にも実際に使われた欄干を使用して、再現されていますが、戦国時代には処刑場だったということです。

あの千利休の首もここに晒されたとか。



戻ってくるという橋なので、京都の女性は結婚前には絶対にこの橋を渡らないとも言われています。

ともかく、五芒星、一條戻橋にかかわるエピソードはたくさん残っています。

それだけ陰陽師・安倍清明が京都の地に根付いていたということでしょうか。



晴明神社5
(晴明神社)…一の鳥居



一の鳥居、堀川通に面しています。

やはり五芒星が…。

一條戻橋は、ここから南に100mほど。



      晴明神社1
      (御朱印)



  晴明神社3
  (注)御朱印に書かれている文字を説明しています。
     ㊞とあるのは印の文字の説明です。



上部の紋は神紋の五芒星。

京都ではこの五芒星を後部に付けた車をよく見かけます。

追突除けの効果があるのだとか…。



文字は、安倍清明から34代目の子孫の揮毫(1854年)を版に起こしたものだそうです。



●晴明神社について



■主祭神 安倍晴明御霊神

■創建 寛弘4年(1007年)

■ホームページ http://www.seimeijinja.jp/

■住所   〒602-8222 京都市上京区晴明町806(堀川通一条上ル)

■電話   075-441-6460 (9:00~18:00)

■拝観料  参拝自由

■拝観時間 9:00〜18:00(無休)

■交通

・JR「京都駅」より市バス9系統、「一条戻橋・晴明神社前」下車 徒歩約2分
・阪急電車烏丸駅より市バス12系統、「一条戻橋・晴明神社前」下車 徒歩約2分
・京阪電車「三条駅」より市バス59系統、「堀川今出川」下車 徒歩約2分

・駐車場 あり(20分100円)

■マップ




晴明神社6
(一條戻橋)



実際に使用された欄干が使われています。



晴明神社4
(二の鳥居)



こちらには「晴明神社」と…。



晴明神社7
(桔梗)



五芒星は「清明桔梗」ともいうそうですが、やはり桔梗の花が。



晴明神社8
(清明井)



ここも五芒星です。

注ぎ口は毎年恵方に向けられるとのこと。



晴明神社9
(本殿)



いつもは多くの人が参拝に訪れます。



晴明神社10
(清明像)



清明が天体観測をしている姿だそうです。



晴明神社11
(桔梗)



清明像の前にも桔梗が。

紫が大変綺麗でした。



●●●御朱印ガイド-京都の神社●●●

●●●御朱印ガイド-京都の仏閣●●●

●●●京都の神社を巡る●●●

●●●京都のお寺を巡る●●●

●●●五山の送り火●●●

●●●祇園祭の山鉾と集印●●●

●●●祇園祭の言葉●●●

●●●今年の祇園祭(2015年)●●●

●●●京都の行事・イベント●●●

●●●用語ガイド●●●

●●●京都、つれづれに●●●

●●●京都人気ランキング●●●

●●●御朱印ガイド-京都の寺社を歩く御朱印の旅●●●



スポンサードリンク

祇園祭・山鉾人気ランキング

先日の第1回祇園祭・山鉾人気ランキングの結果です!上位5位タイまで♪それぞれのページにリンクしていますので、よければご覧ください!

最新記事

スポンサードリンク2

プロフィール

京都のタケシ

Author:京都のタケシ
京都住みの寺社・御朱印ファン、京都の寺社を歩いて、御朱印とともにレポートします。御朱印のあれこれもアップしていきますのでよろしくお願いします。

スポンサードリンク3

カウンター

ランキング

ランキングに参加しています。できればクリックをお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村               
御朱印 ブログランキングへ

Amazon


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。